ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< Monsieur Coq Coq dans le journal no2. | main | Dans la publicite no2. >>
2011.03.26 Saturday

Dans le journal no3.


Dans le journal no3.
新聞の中 その3。


・・・やっぱこのシリーズ楽しいな。
コラージュが好きだからかな。
コラージュ的で楽しいのです。


ヨーロッパ写真美術館に行ってきました。
そこで、ジャック・プレヴェールという人のコラージュ展をやっていたのです。

ジャック・プレヴェール。
実はこの人、ぼくの大好きなアニメーション映画、
ポール・グリモー監督の「王と鳥」のなんと脚本をしている人なのです。
展覧会のことももちろん知らず。
そして、プレヴェールがコラージュをやるなんてことも、
まったく知らなかったので、ほんとにびっくりでした!

しかも、そのコラージュがとてもとてもよかったのです。
うーん、ほんと好きな事でも知らないことだらけだね。

90E(約10800円)もする画集を買おうかどうか、30分近く悩んだあげく、
20Eの小さいやつを買いました。ははは。
帰国前に、最終的に買えそうだったら買って帰ろう。。



それにしても、
コラージュってなると完全にアートだよね。
・・・アートでいいのかな?
イラスト?
どこまでがイラスト?
イラストはアート?
そもそもアートって何って話??


うむむむむ。
まあ、いいか。
売れるとか、売れないとか。
いいとか、わるいとか。
オリジナルでも、真似してても。
落描きでも、アートでも。
評価されるとか、されないとか。

なんでもいいのです。
地味にこっそり続けて行くのです。



ちなみに今回の記事は、
ブラジルの楽しいところ。のような記事でした。
そしてタイトルをちょっと省略しました、ははは。



(263mm×200mm 新聞紙 色鉛筆 油性マジック 2011)
コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album