ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2011.08.08 Monday

子どもたちのらくがき。


このイラストも、前回の記事と同時期に描いたもので、
モンヴェルと同時に、いわさきちひろや酒井駒子の描く子どもがとてもイイなと思い、
自分でも子どもをよく描いていた頃です。

ちょっとかわいすぎですね、ははは。

でも当時からこの色味はとても好きみたいです。
ニワトリオトコの一連のシリーズの、
薄い黄色×赤・黄・オレンジ・茶系の
片鱗がみえるなと思いました。


うん。やっぱり今度は、こういう絵柄と
ニワトリオトコをミックスしていこうかな。



(画用紙 鉛筆 水彩絵の具 カラーインク 2004頃) 
2011.08.08 Monday

ブーテ・ド・モンヴェルっぽく。


                モンヴェルっぽくゴッホのオーヴェールの教会。


                モンヴェルっぽくリンゴを獲ろうとしている男の子。

最近なかなか1枚ものが描けず、ブログが更新できていないので、
久しぶりに昔のものをアップしてみました。


この2点は鳩と少年の絵と同時期に描いたものです。
特になんの意識もせずにらくがき感覚で描いたもので、
鳩と少年と同様にブーテ・ド・モンヴェルに夢中の頃です。

このイラストを描いていた2004年頃。
その6年後にまさか、実際にこのゴッホのオーヴェールの教会を見たり、
モンヴェルの生まれたオルレアンに行くことができるなんて、
当時のぼくは夢にも思ってなかったです。
なんだかとても不思議な感じだ。。



帰国してもうすぐ4ヶ月。
うーん、、もう4ヶ月も経つのか。。
あまりにもステキすぎた経験。
思い出すと胸がギュンギュンするね。



思いついた。
今度、ニワトリオトコたちの世界観で子どもたちを
モンヴェルっぽい感じで描いてみようかな。



(画用紙 鉛筆 水彩絵の具 カラーインク 2004頃)
2010.11.18 Thursday

ネコのクロッキー。

 

こちらは、作品とはいえないのですが、
箸休めに、ネコのクロッキーです。

これを描いたのも、たまにでてくる、
大学を卒業した後のダメ人間時代でした。

「いろねこ」という
街にいる色んな色のネコのアニメーションを作ろうと思って、
いとこの家の子ネコのテトをクロッキーしていました。

結局、アニメーションは、
ピンク、緑、青の3匹分の動画までしか完成せず、
未完のままですが、、あはは。


うーん。
そして、ぼくは完全に犬派なんですが、
なぜかネコの方がよく描くんですよね。。

もっと犬も描こうかな。



(B4クロッキー帳 鉛筆 2003頃)
2010.11.14 Sunday

女の子と犬。




この絵はたしか大学は卒業したけど、
就職してなくてダメ人間をやっていた頃に描いた絵です。

ノーマン・ロックウェルにでてくる女の子が
かわいいなと思って、自分風に描いてみました。
黄色い犬は、もういなくなってしまいましたが、
愛犬のラッフルをモデルにしています。
ラッフルは、ちょいちょい描いているので、
いろんな絵に登場します。

スケッチブックに、鉛筆で下書きしたのをペンでなぞって、
それをスキャナで取り込んで、photoshopで色付け、質感付け。
それまで、PCなんて、、って思ってたけど、
PCもひとつの画材なんだよな、と思いはじめた頃でした。
実作業3時間ぐらい。

当時、アニメーターになろうと思った時期があって、
某スタジオに面接にいったら、この絵をすごく気に入ってもらえました。
結局、スピード重視のアニメーターとは合わなかったんだけど。あはは。

今もそうだけど、
誰がみても自分が描いた絵だってわかるテイストが、
なかなか見つけられないんだよね。
でも、それは枚数が足りてないからなんだけど。

どんなものが好きか、いろんな作家を
自分なりに描いてみたりして、
もっともっとも確立させていきたいです。



(原画 B4画用紙 ペン 色付け photoshop 2003頃)
2010.11.14 Sunday

鶏と少年。

 

これは2005年用の家の年賀状です。
当時、イラストを描く会社で働いていたので、
ここはいっちょ、ちゃんと描くか!
なんて思ってがんばって描いたのを覚えています。

今でも好きなんですが、
ちょうどこの頃、フランスの絵本・挿絵画家の
ブーテ・ド・モンヴェルを知った頃で、
かなり影響受けてます。。
恥ずかしいね。

右の男の子は当時小学2年生のいとこのナリトくん。
ポーズをとってもらって、モデルになってもらいました。

個人的にはこの鶏の尾羽がめちゃくちゃ気に入ってます。

制作時間は3時間ぐらいだったかな。
これ以降、うちの年賀状を楽しみにしてくれている
親戚、知り合いが増え、毎年の年賀状を描くのが、
恒例の楽しみになっています。

今思うと、ウェルカムボードの「子どもたち。」へ繋がる、
大事な一枚だった気がします。



(ハガキ 画用紙 ペン 水彩絵の具 2004)
Powered by
30days Album